政府機関も同じだった

障害者スポーツは、近年パラリンピックの活躍する選手が増えて、知られるようになってきました。

ですがオリンピックほど、パラリンピックはテレビ番組にはなっていません。

仙台 風俗

オリンピックは、番組編成を変えて引っ張りあいで中継や、結果を放送してますが。

障害者スポーツの祭典、パラリンピックは番組にすらしてもらえないって感じです。

とくに、冬季パラリンピックは番組すらないし、結果については朝や夜のニュースでNHKがいうくらいです。

なんで、こんなにマスコミや国民の反応がちがうのかなと思って調べてみました。

障害者スポーツに対する、日本での考え方じたいにも原因があるみたいです。

障害者スポーツは、スポーツでなくて、《福祉》と《リハビリ》と考えられて、政府機関も同じだったようです。

世間知らずな、日本政府が障害者スポーツを知らないために、こんなに待遇や振興が違ってたようなんです。

日本での障害者スポーツ大会は、パラリンピックの参加する基準をクリアーするのが難しい、コースや会社の造りが多いみたいです。

パラリンピックの選手自身が、障害者スポーツを広めていくため、後身の選手いくために、仕事や大会に出ながら尽力してるとききます。

これからの世代に、身体に障害があっても《障害者スポーツの世界》があるという事を広めて欲しいと思います。

日本政府は、政治家の給料を1/10にして、あっても意味ない施設を廃止したりして、もっと障害者スポーツのためにもお金を使って欲しいと思いました。